道院行事
Shorinji Kempo

道院行事とは

金剛禅総本山少林寺の行事

金剛禅総本山少林寺の行事とは、金剛禅を修行する門信徒一人一人が、行事を通じて開祖宗道臣先生の志に思いを馳せ、行としての少林寺拳法の意義を再確認し、「人として生きること」について理解を深めるために執り行われます。一年を通じて下記の行事が執り行われています。

入門式

道院に新たな仲間を迎える行事です。新入門者は門信徒と参列者の前に立ち、入門の決意を誓います。入門式において道院長より話される法話は、生涯続けていく金剛禅の修行において、最も大切な事柄になります。入門式は、金剛禅の修行をする門信徒にとって、一生に一度しかない大切な儀式で、この日を境に、「本当の強さ」と「生きることの意味」を日々考え、行動する人間へと変わっていく第一歩を踏み出します。

新春法会

新春法会(ほうえ)とは、そこに集う皆で新しい年を祝うとともに、金剛禅総本山少林寺の聖典である「教典」を一緒に唱和したり、門信徒代表による決意表明を行い、道院長の年頭法話を聴いて、心新たにして一年の第一歩を踏み出すための行事です。
あわせて、允可状や精勤賞の表彰状の授与も執り行なわれ、皆で祝福します。

開祖忌法要

初代師家・宗道臣(以下、開祖と言う)の命日である5月12日に、開祖の「志」に思いを馳せ、遺徳を偲び、その偉業を称えて感謝する行事です。そして、あらためて、開祖の志を自分の志として、自己完成への道と人づくりの道に精進することを心に誓う行事です。

達磨祭

達磨祭とは、達磨大師の命日とされている10月5日またはその前後に、祖師達磨大師を礼拝し、その遺徳を偲ぶとともに、そこに集う皆で「拳禅一如」の修行に一層精進することをお互いに誓い合う儀式です。

達磨忌法要


虫の音が響く中、達磨忌法要を執り行いました。


故・駒田前道院長が描いた達磨大師の絵画を前に、気持ちが引き締まります。
前道院長の逝去も含め、「法縁」について法話をしました。


法要の後は易筋行。
三徳を極めていきましょう!!

<文責 道院長>

入門式を執り行いました


コロナ禍で少し遅くなった方もいますが、9名!の新入門拳士を迎え、
2021年11月25日、入門式が執り行われました。


山梨峡東道院に迎えていただいて半年、道院長になって初めての入門式です。


山梨峡東道院に新しい仲間が増えました。


初めての入門式法話は、やはり「小練せば小成し大練せば大成す」。
このフレーズは小学生の頃から記憶にあり、気持ちを引き締めてくれます。

新しい仲間と共に、また皆で頑張っていきましょう!

道院長交代式

日本一の暑さが続く山梨県甲州市。
夜になると、少しだけ涼しい風が吹きます。
そんな夏の夜、山梨峡東道院の道院長交代式が行われました。
 
まずは新道院長 矢ヶ崎が主座を務め、鎮魂行。
副主座は、先日の山梨県大会でも大役を務めた穐野拳士。

 
新旧道院長による挨拶。
私の古巣(今は廃部)の指導監督だった駒田元道院長。
この道場ができた時、私は少林寺拳法を始めたばかりの10才でした。
ピカピカの道場は今も変わらず、そして駒田元道院長に会うと緊張するのも今も変わらず。。。

 
在籍拳士の皆様から、温かいお言葉と花束を頂きました。


(集合写真のときだけマスクを外しました。)
拳士の皆様と共に、道院を守り、作っていきます!

文責:矢ヶ崎