注目の道院

甲府南道院
甲府市

良き人生のために、しなやかな心と体をつくりましょう
甲府南道院 -山本 佳廣-
道院長
山本 佳廣 先生
(少法師 正範士 七段)
趣味/特技 農作業・旅・ツーリング
連絡先 090-4052-5266
y_yamamoto@wine.plala.or.jp
HP 道院サイトはコチラ
ブログ 道院ブログはコチラ
基本情報 道院サイト

先生について

道院長になったきっかけ/エピソード

大学時代に少林寺拳法と出会い、監督をお願いしていた今治道院の合田清一先生の指導を受けました。

年2回の合宿では今治道院の道場に一週間寝泊まりさせていただき、仕事の合間に指導に駆けつけてくださる先生からは少林寺拳法への強い思いと情熱を感じていました。

その影響が大きく、1973年に山梨に戻ってからも、様々な大学拳法部のOBの皆さんと少林寺拳法を続けていましたが、県下に道院が少なかった為、1981年自ら支部設立を志すようになりました。

若さ故の情熱と勢い、何か大きなものに背中を押された感じがします。

指導に心がけている事

少林寺拳法は単なる武道でもスポーツでもない、金剛禅の主行です。

従って、指導に当たってはあくまでもその原点に立って、真に技法と教義の一致を追及し、少林寺拳法のを通して拳士一人ひとりにダーマの分霊であることの自覚を促し「調和力」の養成に努めるように働きかけています。

こうした修練の積み重ねこそがそれぞれの自己変革と、金剛禅門信徒としての成長につながり、延いては何ものにも揺るがない精神力と幸福の境地をもたらすものと確信しています。

どんな道院を目指している?

金剛禅の教えにこだわり、主行である少林寺拳法の研究の場として門下生と共に自分自身を高めていくことの出来る道院にしていきたいと思っています。

21世紀は共生の時代であるといわれていました。そのためにも老若男女、誰でもが修練でき、自分の可能性を信じて、諦めなければ必ず成果が出せると確信できることを実践できる道院でありたいと思います。

(現在もいくつもの障害を抱えている拳士が修練をしていて、力任せでなく、意識改革をして、ポジティブにとらえ自分の可能性を信じて多くの拳士と修行に励んでいます。)

道院について

道院の特徴/雰囲気

●甲府南道院は、道院長をはじめ拳士が前向きで、また女性拳士も多く、明るく和やかな雰囲気に満ちています。筋力や瞬発力に頼った練習ではなく、心と体を柔らかく使った動きを対面で稽古します。稽古を通して、ストレス社会で疲弊した心と身体を回復させるだけでなく、穏やかな精神とぶれない芯を持つ人格形成を目指しています。中学生から70歳以上の多数の拳士が在籍しています。

●初心者大歓迎です。定年後に入門される人も珍しくありません。一緒に楽しみながら、健康的な心身と護身術を身に付けています。

所属拳士からの一言

●甲府南道院では、他ではなかなかできない不思議な技を教えています。対立の構造では、幸福実現の金剛禅運動にはなりません。技法と教えの整合性を考えながら、日々稽古に励んでいます

●細身で武道をやれる体格ではありませんが、ここの道院では、力やスピードに頼らない武道を指導して頂けるので、いつまでも現役で、楽しく稽古を続けられます。毎週土曜日に神奈川から通っていますが、毎回稽古が新鮮で、飽きることがありません。この環境に感謝しています。

●力に頼らない本当の護身の技術、教えと技の一致を目指し、素晴らしい仲間との稽古を楽しみに毎週土曜日に長野から通って来ています。